日々のあれこれーのんびりくらし

日々のあれこれーのんびりくらし

研究者夫さんと主婦大家ののんびり二人暮らし

韓方と世界遺産旅2019.6‐①激安旅行に挑戦!

2019.6にソウルと公州に行ったときのFC2ブログの記事を転載します。

 

今回の旅行は久しぶりの一人旅。

なので、一度試してみたかったことを色々やってみました。

 

備忘録として残します。興味のある方は参考にしてみてください。

(航空券の金額などは季節や曜日などで違うと思うのでご了承ください)

 

 

航空券

 

JALのマイル8000マイルが6月末で切れてしまうので、

なんとか使いたくてソウルからの帰国便をまず抑えました。

水曜日の12時金浦空港発なら7500マイルで帰れることが分かったので。

 

それ以外の曜日や夕方や夜のいい時間だともう少しマイルが必要だった。

税金だかなんだかで3,480円かかりました。

 

 

行きは時間を有効に使いたいのと安く行きたかったので

一度試してみたかったピーチ航空の深夜の羽田発8,080円。

シンプルピーチにしたので機内預けの荷物もなし(持ち込み荷物は二個7kg以内)。

空港使用料や海外旅行税(?)などで3,670円。

海外に片道12,000円弱で行けるなんて近くなったものですねぇ。

f:id:Xiaoren:20191007201408j:plain

周りは若い人ばっかり



 

夜の羽田空港が意外と賑やかなので安心しつつも眠い眠い。

定時の155分に無事離陸。

 

2時間ちょっとなので機内サービスが何もなくても気にならない。

ただ椅子が簡易な作りで、後ろの男性が足を組み替えるたびに当たって揺れるのが・・・・

でも、眠さが勝って気にならない。

 

 

空港から市内へ

 

4時半ごろ仁川空港に到着、入国審査。

荷物のピックアップはないのでサクサク進む。

そのまま空港鉄道の駅へ。

両替はレートの悪い空港より市内でしようと思っていたので、

T-MONEYカードに前回の残りの5000wをチャージして一般鉄道へ。

T-MONEYカードは現金でしかチャージできません)

リムジンバスよりも圧倒的に各駅停車のAREXで行くほうが安いです。

仁川空港から乙支路入口まで4,150w。

この写真では閑散としていますが、ホームはそこそこ混んでいました。

 

f:id:Xiaoren:20191007201515j:plain

仁川空港のAREX改札

525分の始発で市内へ向かいます。

(ソウル駅へ向かう直通電車は521分が始発。明洞へ出ようと思っていたので、ソウル駅での乗り換えより弘大入口駅での乗り換えのほうが楽なので各駅停車の一般電車を選択)

 

両替

7時頃明洞について、24時間利用可能のセブンイレブン1万円=106,000W)で両替をしようと思ったら、近くのテバッナラ両替所(1万円=108,100w)が開いていたのでとりあえず、2万円両替。

カードが使えるので2万は多いかと思ったけど今回は買い物の予定もあったので。

両替所は多いけれど、レートはその日によって違うし、100円か200円の差のためにうろうろするのは大変なので、見つけたら両替するような感じです。

 

泊る場所

今回、一度試してみたかったことが深夜発の飛行機とホテルを予約しないこと。

チムジルパン(韓国の健康ランド)に泊ってみたかったのです。

 

  ★一日目は東大門のスパレクス

f:id:Xiaoren:20191007201821j:plain

東大門歴史文化公園駅直結で便利です

 

 

東大門歴史文化公園駅直結のグッドモーニングシティーというショッピングビルの地下3F

深夜料金(20時以降)は15,000wです。

チムジルパンの共有スペースはいちゃつくカップルや転がるおじさんたち、おしゃべりする女の子たちでにぎわっています。

 

f:id:Xiaoren:20191007201912j:plain

伝統韓屋風の内装らしいです

 

でも、女性の脱衣室の中に女性専用睡眠室というのがあり(前はベッドがあったような気がしたのに、今回行ったらオンドルの床になっていた)、布団はなく雑魚寝です。途中すうすうしたので靴下をはきましたが寒くはないです。

f:id:Xiaoren:20191007201951j:plain

さすがに内部の写真はとりづらかったので無いです

 

 

意外と眠れたけど、東大門という場所がらか夜中でも問屋街で仕入れを終えたバイヤーさんたちが続々入店してきてお風呂にはいっていました。

アカスリのおばちゃんたち(?)なのかスタッフの女性たちも脱衣室に布団を敷いて寝ていたのがびっくり。

 

女性専用スペースにはコンセントはないけれど、共有スペースにはコンセントがあちこちあり、

多くの人が充電していました。(私はモバイルバッテリーを持っていないので充電できるかがとても大事)

 

Wi-Fiも共有スペースならつながります。(私はルーターも借りないのでこれも大事)

 

  ★二日目は龍山のドラゴンヒルスパ

f:id:Xiaoren:20191007202043j:plain

龍山駅に近いド派手な健康ランド

 

ここも深夜料金は15,000wです。(12時間以降1時間ごとに1000wとか言っていたかな)

日本語ペラペラのスタッフが受付にいて簡単に案内をしてくれます。

「貴重品ロッカーはありますか?」と聞いたら「脱衣室にあるけど使い方がややこしい。ロッカーにきちんとカギをかけていれば大丈夫」というのでその言葉を信じる。

結果として一日目も二日目も大丈夫でしたが、心配な人はチムジルパン泊はやめたほうがいいです。

私は推奨はしません。

f:id:Xiaoren:20191007202129j:plain

かっぷるがイチャイチャしてる

 

ドラゴンヒルスパは色々な種類のお風呂があります。ここは汗蒸幕

 

f:id:Xiaoren:20191007202204j:plain

要水着着用

 

他にも屋外プールがあったり(夜だし、雨だったから誰もいないけど)

 

f:id:Xiaoren:20191007202400j:plain

怖い日本人形のマネキン

 

ひのき森林浴の部屋なんていうのもありました。着物や謎ののれんが日本をイメージしてる?

 

女性の脱衣室のフロアにも雑魚寝のスペースがあり、女性専用の睡眠室も別の階(6F)にもあります。

男女別のフロアには男性が入れないようになっているからそこは安心。

女性専用睡眠室にはヨガマットみたいに少し弾力のあるマットもありましたよ。布団はないけれど。

 

ここはWi-Fiはつながりますが、充電はスタッフに言わないとだめみたいです。

 

疲れて熟睡のはずが、いつのまにか隣に来たおばさまのすごいいびきで起こされました。

(帰国後この話を夫さんにしたら「繁忙期の山小屋は男女ともびっちり雑魚寝ですごいいびきだぞ」という。

まだチムジルパンのほうがゆとりをもって転がっていられるし、男女別だからいいかもー)

 

Wi-Fiと充電

Wi-Fiルーターとモバイルバッテリー無しで私は旅行をしています。

私はあまりマメなほうではないので、SNSなどの返信などが遅れても友人たちは暖かく見守ってくれる。

それをいいことに旅行中にネットがつながらなくてもそれほど困らない。

韓国は幸い、お店などでWi-Fiがつながることが多いし、

充電もお店で充電させてもらうことが多いです。

今回はチムジルパンと高速バスの中とパン屋さんで充電させてもらいました。

 

ただ、ルーターがないと地図が使えないから、私は地図をコピーして後はだいたいの土地勘と人に聞きながら行きます。

 

 

公州へ

私は世界遺産めぐりを趣味としているのですが、

今回は公州の麻谷寺と公山城などをめぐる予定でした。

OPツアーで行けば楽だけど、2万円くらいする。(専用車と専用ガイドさんがいたら当然)

一人だとツアーが催行されないかもしれないし。

なので、今回も長距離バスと市内バスを駆使して観光してきました!

タクシー使わなくても日帰りで観光できました。(詳しくは後述)

 

 

これで、交通費・食べ物と観光込みでかかった旅費は3万円ちょっとでした。

  

今回、旅費を節約して代わりにしたかったことは韓方医院の施術です。

これがなかなかのお値段。これについては後述。