日々のあれこれーのんびりくらし

日々のあれこれーのんびりくらし

終の棲家で花遊び❀

食事療法はなしくずしに

夫さんの病名ががんだとわかったときに食事療法を始めました。

野菜を大量にジュースで摂る方法

一応始める前にざっくり本を見せてどんな内容か了承は得ました。

f:id:Xiaoren:20220121152802j:plain

「ガンが消えていく最強のレシピ」「今あるガンに勝つジュース」

基本は、塩分、牛・豚肉を禁止し、大量の野菜を摂る(そのためにジュースにして飲む。寒いからジュースばかり飲めず野菜スープをメインおかずに)、玄米等、豆、海藻、きのこなどを摂る、云々。

ニンジンジュースを飲むというのはがん患者には多いようですね。

調味料もぐっと減らし、だしを取り、レトルト食品・インスタント食品などもやめて、もちろん夫さんの大好きなファストフードも禁止。

玄米は早々にやめました

しかし、夫さんは発芽玄米が苦手らしく3日目くらいにキレました。

「食欲がなくて美味しくものを食べられないのに、このご飯じゃ食べられないよ」とか。

なので、夫さんは白米をお茶碗半分くらいずつ食べています。せっかく買った発芽玄米と雑穀米は私が食べています。

私は美味しいと思うけどなあ。作ってあげた人に対してあれは失礼だわ。

 

塩を控えるのは難しい

野菜ジュースはリンゴを必ず入れるので、ニンジンジュースもブロッコリージュースも小松菜ジュースも文句はない。

だけど、これまで味付け濃い目で食べていた夫さん。塩分を控えた食事は全く美味しくないらしいです。野菜スープも塩もコンソメ顆粒もほとんど入れず、「超やさしい味」だったので、イヤイヤ食べていました。

 

文句を言われたので、普通より少しだけ薄いくらいの味にしました。

いつもはたっぷりかけていた調味料も減塩醤油、マヨネーズ、ケチャップ、ソースはやや控えめだけどかけるように修正。

やっぱり美味しいですよねぇ。

ほんだしは塩分が入っているから当初はやめていたけど、夫さんがほんだしで味付けたほうが食べるので今では解禁にしています。

本物の出汁の味を知るというほうがちゃんとした食生活という気がしますが・・・

 

ガン患者と糖分

夫さんは勝手に糖質にも神経質になっていました。「糖質はがんをふやす」ような説を見たらしい。

薄味にして美味しくなくて食事量が減って、さらに糖質を気にするともう食べられるものがほとんどなくなります。

去年の春に85kgあった体重が正月早々72kgになっていました。

夫さんの身長は180cmなので、前は太っていたのですがこのまま減り続けると体力が落ちて治療を受けられなくなりそうです。

なので、本当に糖質はいけないのか?と調べてみました。

jbpress.ismedia.jp

食事療法はゆるやかにします

色々見てみましたが、「がん細胞は普通の細胞に比べて糖を多く消費する。しかし、糖を控えたからと言ってがん細胞が消えるエビデンスはまだない」ようです。

もともと糖質の摂り過ぎはよくないですよね。

だけど、全く取らないというのもよくないようです。

体を動かすエネルギーとなる糖質をとらないと筋肉が減ってしまうようです。

太っている人なら糖質制限も有効ですが、夫さんはまず痩せないようにしないと。

夫さんは病気のせいか活動量も落ち、食欲も落ち、体重も減っていくスパイラルに入っていました。

食べないせいか「寒い」を連発。昔は冬でも薄着でいたのに。

だけど、この記事を読ませて、「取り過ぎなければなんでも好きなものを食べよう」「食べて元気を出そう」というように意識を変えました。

なるべく薄味、野菜多めの食事や、朝晩の野菜ジュースは続けているけれど、それ以外は「食べたいものを食べる」に変えました。

「〇〇食べたい」という要望に応えるようにしたら食欲も出てきました。

まだまだ一度の食事量が少なくて、以前の夫さんから見たら半分程度ですが、最近は動く気にもなったのか散歩も遠くまで行けるようになったし、毎日掃除もするようになりました。

かつやのカツ丼を買ってきたら「美味しい」とほとんど食べることができましたし、KFCのランチセットも完食。本来は揚げ物が大好きだったのですよね。この一か月私が禁止していましたが、もう解禁することにしました。

だって、美味しいと言って食べるんだもの。

コロナ感染が怖いので外食はせず、食べたいモノは私が買ってきています。

ある寒い夜にいきなり「かつやのカツ丼が食べたい」と言い出したので買ってきてあげたら感激してお礼にゲームソフト代をくれました♪

なんと!「あつ森」のソフトを買っていいよと1万円くれましたー。あのケチな(倹約家の)夫さんからは信じられない―(笑)しかもおつりはもらってもいいとか。

 

これまでおやつに干し芋と甘栗、ナッツを食べていましたが、さらに栄養機能食品の「メイバランス」やソイジョイなども食べるようにしています。

f:id:Xiaoren:20220121155710j:plain

この小さなカップで200Kcal

やっと体重減少が止まったかも。

ただ、この2,3日はもともとお菓子が好きだったせいかトップバリューのカロリーメイト風の「ライトミール」とメイバランスをおやつに食べるようになってきた。

いくら栄養素が加味されているとはいえ、もっとご飯やおかずを食べてほしいと思うのだけどどうかしら。栄養機能食品のほうが身になるのかしら?

気になる数値は

食事療法を初めて1か月、投薬1週間で腫瘍マーカーCEAの数値が100減りました。

12/3(576)→1/5(474)(これでも十分恐ろしく高い数値ですが。ちなみに正常値の上限は5。健診で測った私の値は2でした。)

そして、2週間ごとの点滴が始まり、点滴一回・投薬1か月後の数値も前進しました。

なんとCEAが214になりました。まだまだ恐ろしいくらい高い数値ですが、薬が効いていると思います。

先生が画像を見て「小さくなってきていますね」と言ってくれたし、それ以外の基準値外の数値も正常値に近付いてきたので、少しずつ健康に近くなっているように思います。

よくなると励みになりますね。しみじみ嬉しいです。

結論

「治すためだけに生きる」より「生きるを楽しみたい」らしいので、ストイックな食事療法はなしくずしにやめることになりました。

調味料や加工食品を使わない食生活はなかなか大変で、しかもそれを喜ばない人に出すのは結構苦痛。一応了承を得て始めたはずなのに、食べないんじゃあ仕方ない。

お受験で親子で頑張ろうと言っているのに、子どもが塾で寝呆けているのに近い気が・・・母親が焦っても本人が勉強しないんじゃ成果が出ないのに似ている。

食事療法をしなくても、薬が効けば治っていくような気もしますし。

 

野菜ジュースは今も飲んでいるし、野菜のおかずがメインというのはとりあえず続けていますが、夕食後にお酒を飲みながらおやつタイム、が無くなっただけでもかなりいいとは思います。

食べたいものを食べるようになったからか食欲も出てきて、自然と動けるようにもなり、毎日の散歩も少しだけ遠くにいけるようになりました。

一日5000歩を目安に歩いています。二人仲良く散歩しています。

そして、夫さんは毎日掃除もするようになりました。もとがきれい好きなので老後の家事分担は掃除にする予定だったのです。

この調子で治っていくと信じて二人で頑張ります!